YouTube広告をスキップできるブラウザ「Brave」(無料)を使ってみよう!

brave-logo 勉強
advertisement

私はYoutubeをよく観て勉強しているのですが、広告の出現頻度が多くなりました。
視聴に没頭したいのに「広告をスキップ」をクリックするのが億劫でたまりません。

さらに、30秒のスキップできない広告を導入すると発表しましたね。
そこで、私と同じストレス感じているワガママさんに朗報です。
次世代Webブラウザの「Brave」です。

Braveブラウザはプライバシー保護が高く、暗号資産ウォレットが標準で実装されているためセキュリティも安心です。
また、Braveの広告を見ると、仮想通貨であるBAT(Basic Attention Token)がもらえます。このように、Braveブラウザは高速性、プライバシーセキュリティ、仮想通貨報酬など、多くの特徴を備えた、強力なブラウザと言えます。そして、これらは完全無料で利用です。

BATを受け取るには国内最大級の仮想通貨取引所のBitflyerの登録(無料)が必要です。

助手
助手

Bitflyerに登録すると1,000円分のビットコインが貰えます。

詳しく知りたい方は、以下をご一読くださいませ。

プライバシー保護機能

Braveは、トラッキングをブロックし、第三者の広告やスクリプトを自動的にブロックすることで、ユーザーのプライバシーを保護します。また、HTTPS Everywhereと呼ばれる機能を使って、安全で暗号化された接続を自動的に使用することもできます。

広告ブロッカー

Braveは、広告ブロッカーを標準搭載しており、ウェブページの読み込み速度を高速化し、バッテリー寿命を延ばすことができます。この機能により、ウェブページが読み込み始める前に、邪魔な広告をブロックすることができます。

管理人
管理人

Braveブラウザは、通常の広告ブロッキング機能に加えて、Youtubeの広告さえもブロックすることができるんです。なので、Y⁠o⁠u⁠T⁠u⁠b⁠e P⁠r⁠e⁠m⁠i⁠u⁠mに入る必要がないんです。

トレーサー保護

Braveは、トラッキングスクリプトをブロックするだけでなく、トラッカーによって収集される情報を隠すために、トレーサー保護という機能を備えています。これにより、ユーザーのオンラインプライバシーがさらに保護されます。

優れたバッテリー寿命

Braveは、広告やトラッキングをブロックすることで、バッテリー寿命を延ばすことができます。また、不要なデータを自動的に削除することもできます。これにより、ノートパソコンなどのモバイルデバイスでBraveを使用する場合でも、長時間のバッテリー駆動が可能になります。

高速なページ読み込み速度

Braveは、広告やトラッキングをブロックすることで、ページの読み込み速度を高速化することができます。また、ユーザーが不要なデータを消去することで、読み込み時間をさらに短縮することができます。
BraveブラウザはGoogle Chromeと比べ、ページの読込速度は3倍高速に、メモリ消費は33%少なく、また、無駄な通信がないため、Chromeより1時間以上バッテリーが長持ちします。
さらに、BraveブラウザはWebページの読み込みがスマートフォンでは最大8倍、PCでは2倍速いという高速性を誇ります。

Brave Rewards

Brave Rewardsは、Braveブラウザの機能の1つで、ユーザーがブラウザを使用している間にブラウジングの報酬を得ることができます。
報酬は、Braveブラウザの暗号通貨であるBAT(Basic Attention Token)で支払われます。

管理人
管理人

BitflyerでBATを受け取って、ビットコインに買い替えて運用しています。

ベーシックアテンショントークン(BAT)/日本円のチャート | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】
ベーシックアテンショントークン(BAT)のチャートや価格や時価総額など相場に関する情報をリアルタイムでご提供しています。bitFlyer(ビットフライヤー)なら仮想通貨を少額から購入できます。

統合された暗号通貨ウォレット

Braveは、統合された暗号通貨ウォレットを持っており、ユーザーはBrave Rewardsを通じて、広告に対する報酬としてBAT(Basic Attention Token)を獲得することができます。
また、Braveのウォレットは、他のERC-20トークンをサポートしているため、Ethereum上のトークンを送受信することもできます。

クロスプラットフォーム

Braveは、Windows、macOS、Linux、iOS、Androidなど、さまざまなプラットフォームで利用できます。また、ユーザーのブックマーク、履歴、設定などは、すべてBrave Syncという機能を使って、複数のデバイス間で同期することができます。

カスタマイズ可能なユーザーインターフェース

Braveのユーザーインターフェースは、カスタマイズすることができます。
ユーザーは、好みに合わせてツールバー、サイドバー、ブックマークバーなどを追加または、削除することができます。また、テーマやアイコンのスタイルも変更できます。

タブグループ機能

Braveには、タブをグループ化する機能があります。これにより、複数のタブを一度に開いたり閉じたりすることができます。タブグループ機能は、複数のプロジェクトを同時に作業する場合や、複数のウェブサイトを同時に参照する場合に便利です。

バッテリーセーバー

Braveは、バッテリーセーバーモードを備えています。バッテリーセーバーモードを有効にすることで、ノートパソコンのバッテリー寿命を延ばすことができます。

オートメーション

Braveは、タブの開閉、ブックマークの追加、ページの読み込みなどの作業を自動化する機能を備えています。これにより、ユーザーはより効率的にウェブサイトを閲覧することができます。

ブラウザ拡張機能

Braveは、多くのブラウザ拡張機能をサポートしています。これにより、ユーザーは自分の好みに合わせてブラウザをカスタマイズすることができます。
一部のブラウザ拡張機能は、Braveのプライバシー保護機能に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

クラウド同期

Braveは、ブックマーク、パスワード、履歴、お気に入り、拡張機能などをクラウドに保存することができます。これにより、複数のデバイスで同じブラウジング環境を共有することができます。

Torブラウザ機能

Braveは、Torブラウザ機能を組み込んでいます。
Torは、ユーザーのIPアドレスを隠し、ネット上の追跡を防ぐためのプライバシーツールです。BraveのTorブラウザ機能を使用することで、ユーザーは匿名でウェブサイトにアクセスすることができます。

ドメイン防止機能

Braveには、不審なドメインへのアクセスを防止する機能があります。これにより、ユーザーは悪意のあるウェブサイトから保護されます。

ウェブページのPDF化

Braveは、ウェブページをPDF形式に変換する機能を備えています。ユーザーは、必要な部分を選択してPDFに変換し、ダウンロードすることができます。

キャプチャー機能

Braveには、ウェブページをスクリーンショットでキャプチャーする機能があります。ユーザーは、必要な部分を選択してキャプチャーし、PNG形式で保存することができます。

キーボードショートカット

Braveは、多数のキーボードショートカットをサポートしています。これにより、ユーザーはマウスを使わずにブラウジングを行うことができます。キーボードショートカットは、作業の効率を高めることができます。

リモートブラウジング

Braveは、ユーザーが他のデバイスからブラウジングを制御することができるリモートブラウジング機能を備えています。ユーザーは、他のデバイスのBraveブラウザでQRコードをスキャンすることで、リモートブラウジングを開始することができます。

マルチタブ

Braveは、多くのタブを同時に開くことができます。また、マルチタブ機能を使用することで、複数のタブをグループ化することができます。これにより、ユーザーはウェブサイトを効率的に閲覧することができます。

オフライン機能

Braveは、オフラインでブラウジングすることができます。つまり、ユーザーがインターネットに接続していなくても、ブラウザ内に保存されているデータを使用して、以前に閲覧したウェブサイトにアクセスすることができます。

自動翻訳機能

Braveは、ウェブサイトの自動翻訳機能を備えています。ユーザーが別の言語で書かれたウェブサイトにアクセスすると、Braveは自動的にそのページをユーザーの言語に翻訳します。

拡張機能

Braveは、多数の拡張機能をサポートしています。これにより、ユーザーはブラウザの機能を拡張し、カスタマイズすることができます。拡張機能は、広告ブロックやプライバシー保護などの機能を追加することができます。

統計機能

Braveは、ブロックされた広告の数、トラッキングされた回数、そしてそれによってどれだけの時間を節約できたかなどの統計情報を提供します。ユーザーは、これらの情報を参照することで、Braveのプライバシー保護機能がどの程度有効かを確認することができます。

クエスト

Braveには、クエストと呼ばれる、ブラウジング中にポイントを獲得することができるゲームがあります。ユーザーは、ポイントを獲得して、バッジを獲得したり、報酬を受け取ったりすることができます。この機能は、ユーザーにとって楽しいブラウジング体験を提供することができます。

音声検索

Braveには、音声検索機能があります。ユーザーは、マイクを使用してブラウジング中に音声検索を行うことができます。

自動再生動画のブロック

Braveは、自動再生動画をブロックする機能を備えています。これにより、ユーザーは意図せずに音声や動画が再生されることを防止することができます。

フリーズしたタブの自動処理

Braveは、フリーズしたタブを自動的に処理する機能を備えています。これにより、フリーズしたタブがブラウザ全体に影響を与えることを防止することができます。

タブのスリープ

Braveには、タブをスリープする機能があります。これにより、スリープ中のタブはメモリを消費せず、ブラウザのパフォーマンスが向上します。

プライバシー保護のためのブラウザ拡張機能

Braveには、プライバシー保護のためのブラウザ拡張機能があります。これにより、ユーザーは広告ブロック、トラッキング保護、スクリプトブロック、Fingerprint保護などのプライバシー保護機能を追加できます。

ユーザーエージェントの偽装

Braveブラウザは、デフォルトで一意のユーザーエージェントを持ちます。ユーザーエージェントは、Webサイトにアクセスする際に使用される識別情報であり、ブラウザー、オペレーティングシステム、デバイスタイプ、言語などの情報を含みます。
しかし、Braveブラウザは、ユーザーエージェントを偽装することもできます。これにより、ユーザーは自分が別のブラウザでWebサイトにアクセスしているように見せかけることができます。偽装されたユーザーエージェントは、ブラウザーやオペレーティングシステムなど、様々な要素を指定することができます。

セキュリティの自己保護

Braveには、セキュリティの自己保護機能があります。これにより、ブラウザのセキュリティを最適化することができます。例えば、Braveが偽のSSL証明書を検出すると、ユーザーに警告メッセージを表示します。

Brave Firewall + VPN

Braveには、プライバシー保護のためのファイアウォールとVPNがあります。これにより、ユーザーは自分のデバイスを保護し、オンライン上の脅威から安全に保護することができます。

ビットコインウォレット

Braveには、ビットコインウォレットがあります。これにより、ユーザーはブラウザ上でビットコインを管理し、ウェブサイト上での支払いを簡単に行うことができます。

Brave Search

Braveには、プライバシーを保護した検索エンジン「Brave Search」があります。これにより、ユーザーは追跡やフィルタリングなどの問題を回避しながら、プライバシーを保護した検索を行うことができます。

検索エンジンの選択

Braveブラウザには、デフォルトでいくつかの検索エンジンが組み込まれていますが、その中でもDuckDuckGoやStartPageなどはプライバシーに配慮した検索エンジンとして知られています。
また、Ecosiaは、利用者が検索するたびに木を植えることを約束している環境に優しい検索エンジンです。
Braveブラウザには、他にもさまざまな検索エンジンを追加することもできます。ユーザーが独自の検索エンジンを設定することも可能です。

クリプトトークンウォレット

Braveには、クリプトトークンウォレットがあります。これにより、ユーザーはブラウザ上でEthereumネットワークを使用し、様々なクリプトトークンを管理することができます。

ユーザーインターフェースのカスタマイズ

Braveには、ユーザーインターフェースのカスタマイズ機能があります。ユーザーは、ブラウザのテーマ、アイコン、スタートページなどを変更することができます。

Web3.0対応

Braveブラウザは、進化したインターネットの一つであるWeb3.0に対応しています。Web3.0では、個人のプライバシーやセキュリティを強化するために、ブロックチェーンという技術を利用しています。Braveブラウザでは、分散型アプリケーションや暗号通貨など、Web3.0に必要な機能を提供しています。また、Braveブラウザは、プライバシーとセキュリティを重視しているため、ユーザーの個人情報を保護することができます。

コメント